「売れてしまう人材育成 ゼミナール」

「ふるまいマニュアル作成代行」



意識向上「ふるまいマニュアル」あります。

「ブラック企業」と呼ばせないために

業種 業態に合わせた ひな形 をカスタマイズできます。


.
.
.
多くの会社で「ブラック社員」だの、社員から「ブラック企業と呼ばれる」だのと 毎日 大騒ぎが起こっています。
. 
その理由は 社員が学生時代と同じ基準のまま「仕事をしよう(言われたことだけ サラリと手を抜いてやっておけば良いと思い込んでいる)」としているから。また、会社側が「何も説明しなくても、それくらい 誰でもわかるだろう」と「仕事に対する心得」や「学生時代との持つべき意識の違い」を キッチリと説明していないからです。
.
問題は、こういう話を経営者や 管理職が 頭ごなしにすると「ブラック企業」と 仕事というものがどのようなものか理解さえしていない 一部の学生気分の新入社員に 大騒ぎされてしまうことです。誰かが騒ぐと「そうだ そうだ」と便乗して騒ぎ出す「やから」まで登場します。こうして、突然、普通の会社がブラック企業になっていきます。
.
このような問題を阻止するために生まれたのが「ふるまいマニュアル」です。内容は「我が社で働くということは、どういうことか?」というもの。アルバイトや パートの人たちまで「この考え方に従って働いて欲しい」と書かれた「マニュアル」を読んでいただく前提で作られています。アルバイトの人まで理解できる内容ですから 実にカンタンです。
.
その主旨は「和を以て貴しと為す」・・・ 「誰とでも仲よく」だけでなく「村人として 自分の得意なことを 村人の人数分がんばる。自分にできないこと・不得意なことを 引き受けてくれている人には 感謝する。そして、村人としてのルールは守る。」といった 日本人のDNAに響く内容になっています。
.
「誰にでも得意 不得意はある」「不得意なことがあっても、それを認めて それが得意な人に感謝しておけば良い」「誰かがミスをした時は、一緒に謝っておこう。そうしたら あなたがミスをした時に、仲間も一緒に謝ってくれます」といった説明が「不必要なブラック企業の汚名」をつけさせずに済むのです。また「だからといって、何もやらないのは 村人失格。自分だけ ラクする人は 村人と認められなくなります」といった内容も書かれています。
.
さらに「「凄いね」とホメられる人より「ありがとう」と感謝される人のほうが 社会人としてのレベルが高い」といった内容も紹介されています。こういう「わかりやすい説明のマニュアル」が、社会人としての行動指針とはどのようなものかを伝える 最良のツールになるのです。このマニュアルは、座学ではなく「OJT」で 現場指導の材料としていただいています。マニュアルを通して 上司や先輩とコミュケーションが円滑に図れるからです。
.
.
.

ページの先頭へ

「パート アルバイトまで対応。社内研修 プログラム」

「自分が後輩に教えるために自ら学ぶメンター プログラム」


.
.
.
新入社員が入社時に最も「違和感」を感じること、それが「上司や先輩の存在」です。学校では「先生に言われた事だけ」をやっておけば怒られませんでした。しかも「先生」が懇切ていねいに 手取り足取り 説明をして 教えてくれていました。新入社員は誰もが「上司=先生」、自分のやること= 先生(上司)が言ったことだけ 手抜きをしながら やっておけば良い・・・ そのように考えてしまいます。
.
その「学生気分」を払拭するものが「ふるまいマニュアル」を活用した「メンター制度」です。会社は新入社員 1人ひとりを「メンティー(質問する者)」とし、それぞれの「メンティー」に「メンター(質問されたことに懸命に答える先輩や上司)」を任命します。新入社員には「仕事が学ぶもの。質問があれば、100日間、この先輩に質問しなさい」と指導をします。つまり「自ら学べ」と最初に伝えるのです。
.
その上で「数ヶ月後、アルバイトや パートの人が新しく入ったら、あなたがメンター(質問に懸命に答える人)になるんだよ」と念を押しておく・・・ こういうスタイルです。しかしながら、この「メンター制度」の実態は「自分が教える側=メンター」になった時点で発揮されます。質問に答えようとすると、本当の意味で理解しておかなければ 質問に答えられないからです。
.
こうすることで、入社1年目〜入社3年目の社員が、あらためて「社会人のルール」を再認識しなければならなくなります。ある程度 仕事の概略を覚え、つい 手抜きをしたがる世代・・・ こういう世代の人たちに「社会人のルール」を再認識いただくことで、ブラック企業ではないのに、ブラック企業だと騒ぎ出す ブラック社員候補を 生み出さない土壌ができあがるのです。
.


 .
 .
 .

事務局 松浦 好美

ご質問・お問い合わせは コミュニケーション診断協会 事務局 松浦が 担当いたします。まずは メールを 送ってください。
いただいたメールの返信まで 3〜4営業日をいただいております。あらかじめ ご了承くださいませ。


|1|2|3|4|5|6|7|

次のページへLinkIcon

まず 売れる人を 育てる
それが 成功の秘訣



加納光のblog_マーケティングメモ

加納光のblog_徒然に思うこと

フェースブック



事務局へのお問合せ お申込み

ページの先頭へ