「加納 光」の Blog

「徒然に思うこと」



2016.06.22

社会科学-6

By Kanou Hikaru

.

.

.

.
イメージ
.
.

西洋の成功理論が日本で通用しにくい理由-6

.

.
前回の締めくくりは・・・
.
.
.
ハッキリいってしまえば、日本人は「集団(村)の長」に対して「人徳」を尊び、信用、人望を重視しているのです。
.
「人望」「器」「器量」という言葉が歴史的に重んじられてきましたが、これは「人を活かすことのできる度量の大きさ」のことを指しているのです。
.
つまり「自分を活かすより、他人を活かすこと」が日本では「評価をあげる基準」となってきた2500年もの歴史がありますし、原則、今もそれは変っていないのです。
.
.
.
というものでした。
.
欧米諸国と、世界中でも「希な基準を持っている日本」の「価値観」を、この部分で対比してみると、次のようになります。
.
西洋諸国・・・個人主義→個人→自我主義→ホンネ→自分を活かすことを最優先に考える→個人主義社会の成功論→成功哲学→個人の能力を引き出す成功法則の著書
.
日本・・・・・集団(村優先)主義→集団(村)→タテマエ→自我を抑え他人を活かすことを最優先に考える→集団主義社会(村文化)の成功論→成功するための「ことわざ」→自我を抑える成功書
.
.
つまり、日本人にとっては「西洋思想の成功論」というものは、個人主義的な考え方・・・結果「出る杭は打たれることになる」・・・ということから、実践的には使えない。という実践体験によって排除され続けてきたのです。
.
このような文化的な環境の違いがあったため、日本では、まとまった「個人が成功するための哲学」というものが育たなかったのです。
.
では、まったく存在しなかったか?というと、そうではないのです。それは「石門進学」というものに代表する「商売の教え」でした。
.
これを理論体系づけた「石田梅岩」という学者が活躍したのは、今から300年ほど昔の話です。「商人道」として、その教えは京都から広がりました。
.
後に、多くの「大店の店主」が「門外不出の家訓」として、その教えを外に漏らさずに守ってきたという歴史をあったのです。
.
「損して得取れ」「負けるが勝ち」「三方良し」といった「ことわざ」となりました。集団主義の中で生きる「商人達の成功論」は、西洋諸国よりはるか昔から日本に存在していたのです。
.
.
.
では、どうすれば日本で成功できるのか・・・という話になるのでしょうが・・・ そのあたりの話を次回、もう少し 詳しく説明してみたい・・・ そのように思っています。
.

2016.06.21-061
2016.06.20-060
2016.06.17-059
2016.06.16-058
2016.06.15-057
2016.06.12-055
2016.06.11-054
2016.06.10-053
2016.06.08-052
2016.05.15-051
2016.05.03-050
2016.03.26-049
2016.03.26-048
2016.03.25-047
2016.03.24-046
2016.03.22-045
2016.03.21-044
2016.03.20-043
2016.03.19-042
2016.03.18-041
2016.03.15-040
2016.03.14-039
2016.03.13-038
2016.03.11-037
2016.03.10-036
2016.03.09-035
2016.03.08-034
2016.03.07-033
2016.03.05-032
2016.03.01-031
2016.02.29-030
2016.02.27-029
2016.02.25-028
2016.02.23-027
2016.02.21-026
2016.02.18-025
2016.02.17-024
2016.02.16-023
2016.02.15-022
2016.02.12-021
2016.02.10-020
2016.02.08-019
2016.02.06-018
2016.02.05.-017
2016.02.04-016
2016.02.03-015
2016.02.01-014
2016.01.28-013
2016.01.26-012
2016.01.25-011
2016.01.24-010
2016.01.20-009
2016.01.18-008
2016.01.15-007
2016.01.13-006
2016.01.12-005
2016.01.09-004
2016.01.07-003
2016.01.06-002
2016.01.05-001

まず 売れる人を 育てる
それが 成功の秘訣



加納光のblog_マーケティングメモ

加納光のblog_徒然に思うこと

フェースブック



事務局へのお問合せ お申込み

ページの先頭へ