「加納 光」の Blog

「徒然に思うこと」



2016.07.01

社会科学-12

By Kanou Hikaru

.

.

.

.
イメージ
.
.

西洋の成功理論が日本で通用しにくい理由-12

.

.

.
.
ここまで、日本文化・日本の価値観と、西洋の文化・西洋の価値観を説明してきました。そこには、自然環境から生まれてきた価値観の大きな違いがあることを説明してきたのです。
.
何よりも「自分」というものが世界の中心にある西洋では「和」という感覚は育ってこなかったのです。逆に恵まれた自然環境にある日本では「村文化による集団主義」というものが派生し「和」という文化が3000年もの時間をかけて育まれてきたのです。
.
そこで、コミュニケーションにも大きな違いが生まれます。「自分が正しい」「相手も正しい」という価値観がある西洋では「議論」や「ディベート」というものが育まれていきます。
 
これは「あなたと私はフィーリングが合わないから付き合う必要がない」といった関係を築ける西洋だからこその感覚なのでしょう。だからこそ「相手に自分をアピールするため」の「プレゼンテーション」が必要になってきたのだろうと思います。
 
そもそも「相手は自分に興味がない!」という感覚があるからこその西洋的な感覚です。ところが、日本では「相手の気持を汲む」「相手の気持を察する」という文化が育ってきました。それは「集団主義の社会」があったからこその話だろうと思います。
 
ここが根本的に違っているのです。「相手は、自分に興味がない=相手は、自分の気持を察するはずがない」という大前提で「ビジネスアプローチ」をするのか、「相手は、自分の気持を察する能力がある」と考えて「ビジネスアプローチ」をするのか・・・

日本は、お客さんが「セールス担当者」の「ホンネ」や「気持ち」を察してしまいます。そこが西洋とは大きな違いがあるのです。結果的には日本のほうがビジネス相手のお客さんのレベルが相当高いのです。
 
つまり、そこそこのテクニックがあれば何とかなる西洋のお客さんと、テクニックなどでは心底を見抜かれてしまうレベルの高いお客さんでは、まるっきりアプローチが変ってくるのです。

日本のお客さんは、セールス担当者の心底を見抜き「感動」しなければ購入しない・・・ つまり、見抜かれるからこその「お客さんを感動させるほどの素直な気持」がなければ売れないということになるのです。

さらに、そこには、先週ずっと説明をし続けてきた「自分は後回し」「あなたを優先します」という、集団主義の中で育まれてきた「我を捨てる」といった感覚が基本となっています。

そういう風に、心底「自己暗示」をかけた「プロフェッショナル」でなければ、セールスはうまくいかないほど、お客さんの「洞察力」が高いのです。




では、具体的に気をつけるべきポイントはどこか・・・という話になるのでしょうが・・・ そのあたりの話を次回、もう少し 詳しく説明してみたい・・・ そのように思っています。
..

2016.06.30-067
2016.06.29-066
2016.06.28-065
2016.06.27-064
2016.06.24-063
2016.06-22-062
2016.06.21-061
2016.06.20-060
2016.06.17-059
2016.06.16-058
2016.06.15-057
2016.06.14-056
2016.06.12-055
2016.06.11-054
2016.06.10-053
2016.06.08-052
2016.05.15-051
2016.05.03-050
2016.03.26-049
2016.03.26-048
2016.03.25-047
2016.03.24-046
2016.03.22-045
2016.03.21-044
2016.03.20-043
2016.03.19-042
2016.03.18-041
2016.03.15-040
2016.03.14-039
2016.03.13-038
2016.03.11-037
2016.03.10-036
2016.03.09-035
2016.03.08-034
2016.03.07-033
2016.03.05-032
2016.03.01-031
2016.02.29-030
2016.02.27-029
2016.02.25-028
2016.02.23-027
2016.02.21-026
2016.02.18-025
2016.02.17-024
2016.02.16-023
2016.02.15-022
2016.02.12-021
2016.02.10-020
2016.02.08-019
2016.02.06-018
2016.02.05.-017
2016.02.04-016
2016.02.03-015
2016.02.01-014
2016.01.28-013
2016.01.26-012
2016.01.25-011
2016.01.24-010
2016.01.20-009
2016.01.18-008
2016.01.15-007
2016.01.13-006
2016.01.12-005
2016.01.09-004
2016.01.07-003
2016.01.06-002
2016.01.05-001

まず 売れる人を 育てる
それが 成功の秘訣



加納光のblog_マーケティングメモ

加納光のblog_徒然に思うこと

フェースブック



事務局へのお問合せ お申込み

ページの先頭へ