「加納 光」の Blog

「徒然に思うこと」



2016.07.02

社会科学-13

By Kanou Hikaru

.

.

.

.
イメージ
.
.

西洋の成功理論が日本で通用しにくい理由-13

.

.

.
.
前回は、西洋には「ホンネとタテマエがない」こと。また「相手の気持を察する文化がない」うえ「自分の我を殺して相手に合わせる文化がない」ということを説明しました。

話し合って、フィーリングが合わないなら、別に一緒に時間を過ごすこともない。という感覚が最初にあるからこそ、相手に何かを勧めるならば「プレゼンテーション」が必要になるということも説明しました。

ところが、日本では「ホンネとタテマエ」があり、「相手の気持を察する文化」があり「自分の我を殺して、相手に合わせる文化」がその基本であることを説明しました。

だからこそ日本で「プレゼンテーション」をすることは、すなわち「相手にとっては、察する能力のない人間と扱われた」ことになって、嫌われてしまうのです。

日本の「お客さん」は、「セールス」をしている人間のホンネを察する「洞察力」が高いのです。 そして「販売のプロとして、徹底的に我を殺してお客さん対峙するセールスマン」「販売のプロとして、徹底的に我を殺してお客さんに対峙する販売員」を「すばらしい人」と感じて購入をするという傾向が非常に高いのです。

自分のことより、会社のこと、会社のことより、お客さんのこと・・・ というプライオリティを持ち合わせる人を「人徳ある人」とみなすのは、2500年も続く「村社会感覚=集団主義」の感覚なのでしょう。 

では「セールス」を受け持つ「企業」「販売担当者」は、どこまで「我を殺すこと」をプロフェッショナルとして「徹底」すれば「販売担当者のホンネ」を洞察してしまう「日本」の「お客さま」が「買うまでに至るのか」という話になりそうです。 

確かに、日本の多くの企業では「社訓」や「社是」というものに「感謝」とか「奉仕」といったことが掲げられています。

それは「プレゼンテーション」などということをすれば「押売り」と感じるお客さんが多く、結果「強く売り込む技術」より「売り込むことを悟られない気持を持つこと」が販売に効率的につながることを多くの諸先輩が体験して教訓としてきているからなのです。

しかし、これらのことは「心構え」や「心得」として「体得し、会得すること」が重要視されたため「マニュアル化」されたものが存在なかったのでしょう。

逆に、こういう状況にありながら 「文章化されたもの」として「西洋から輸入され、翻訳された【プレゼンテーション技術】」しか見当たらないからこそ、こぞって誰もがプレゼンテーションを行うのですが、チカラを入れて説得すればするほど成果が上がらない・・・という事態を引き起こしているのです。

どうやっても、ここは日本で、お客さんも日本人なのです。だからこそ「販売者」が「我を殺すほど、売上があがる」・・・この実態がノルマを持ち合わせる「セールス担当者」の業績の成果に直結していることは否めません。

日本におけるトップセールスマンは、テレビのフィクションドラマなどで表現されているような「押しの強い人」ではなく、実に控え目なお思いやりあふれた優しそうな人ばかりなのが実態なのです。

紹介した写真は、かつて日銀総裁であった「高橋是清 翁」のものですが、この方ほど「他利」を優先した大人物として有名な人はいないかもしれません。日本人は、このように「自分の都合」「自分の利益」を後回しにする人を「素晴らしい人」と崇めるDNAを持ち合わせているのです。

それらの実態を、いくつか実例を紹介しいくとさらに理解しやすいものとなる・・・という話になのでしょうが・・・ずいぶんと長くなってしまったので・・・ 
  

今日のところはこれくらいで筆を置くことにしましょう。


..

2016.07.01-068
2016.06.30-067
2016.06.29-066
2016.06.28-065
2016.06.27-064
2016.06.24-063
2016.06-22-062
2016.06.21-061
2016.06.20-060
2016.06.17-059
2016.06.16-058
2016.06.15-057
2016.06.14-056
2016.06.12-055
2016.06.11-054
2016.06.10-053
2016.06.08-052
2016.05.15-051
2016.05.03-050
2016.03.26-049
2016.03.26-048
2016.03.25-047
2016.03.24-046
2016.03.22-045
2016.03.21-044
2016.03.20-043
2016.03.19-042
2016.03.18-041
2016.03.15-040
2016.03.14-039
2016.03.13-038
2016.03.11-037
2016.03.10-036
2016.03.09-035
2016.03.08-034
2016.03.07-033
2016.03.05-032
2016.03.01-031
2016.02.29-030
2016.02.27-029
2016.02.25-028
2016.02.23-027
2016.02.21-026
2016.02.18-025
2016.02.17-024
2016.02.16-023
2016.02.15-022
2016.02.12-021
2016.02.10-020
2016.02.08-019
2016.02.06-018
2016.02.05.-017
2016.02.04-016
2016.02.03-015
2016.02.01-014
2016.01.28-013
2016.01.26-012
2016.01.25-011
2016.01.24-010
2016.01.20-009
2016.01.18-008
2016.01.15-007
2016.01.13-006
2016.01.12-005
2016.01.09-004
2016.01.07-003
2016.01.06-002
2016.01.05-001

まず 売れる人を 育てる
それが 成功の秘訣



加納光のblog_マーケティングメモ

加納光のblog_徒然に思うこと

フェースブック



事務局へのお問合せ お申込み

ページの先頭へ