「加納 光」の Blog

「徒然に思うこと」



2016.08.04

人生のベテラン

By Kanou Hikaru

.

.

.

.

.
.

「働く」ということについて-2

.

.
昨日の話の続きを ご案内したいと思います。
  
お爺さんと一緒に見ていたテレビ番組は、一方向から問題を見ていなかった・・・その部分については、とても素晴らしいと思いました。
 
雇われる側の一方的な言い分だけではなく、雇う側の言い分もしっかりと聞く。しかしながら、その番組を見ていた「硬派のお爺さん」はビクともしない。
 
意味不明の「カタカナことば」を、日本語らしい日本語に通訳すれば、きっちりと理解される。今の時代のテレビ番組に、しっかりとニラミを聞かせながら、核心を見抜いていらっしゃいました。
 
テレビ番組の中のインタビューに対して「経営者」や「人事担当責任者」は、こういうお話をされていました。
 
「40歳代に入った従業員に対して、ずいぶん給料を出し過ぎているような気がする・・・。この給料に対する今までの感覚としては、一般的な考え方として慣例と常識に基づいて払い込んできたのですが・・・ 世の中が生産性に合わせた報酬を支払う動きとなり、改めて見直してみると・・・どうも、余計な給料を盗られているという気になってしまった・・・」
 
御年90歳を越える「人生のベテラン」は、この話に耳を傾けながら「ヒト・モノ・カネ・情報の4つが組織を活かし、組織を殺す。この4つを活用し、計画、組織、指揮、調整、統制、を行ってこそ組織は生きる。企業も軍隊も一緒・・・どっちも組織じゃ・・・。それができとらんから、こんな風になる。」と一喝。
 
人生のベテランの言葉を現代用語に翻訳すると・・・つまりは「本質的に生産性を上げるための【本来の 人材を活かし切る企業のマネジメント】が不在だ」とおっしゃったのです。
 
テレビ番組のなかで、ある経営者は、こうインタビューに答えていました。「20代、30代の人間は、経営者としても使いやすいし、生産性に見合った給料を払っているように感じるが、40代の人間は、経営者としても使いにくいし、生産性に見合わない分まで給料を払い込んでしまっているように思う。」
  
それを聞いた「人生のベテラン」は「会社はゲートボール倶楽部じゃない!」と一喝したのです。
 
ある会社の人事部長が「年収800万円も受け取っていて、ロクな仕事もできないバカな管理者がいるから会社がおかしくなる」といった時には、こう言ってのけます。
 
「そんなバカを管理者に任命して、そんなに高い給料を払うようにした、アホな「人事の人間」がいるから組織が腐る!」と、これもまたズバリと核心を突き刺すように「ひとこと」・・・
 
さらに、こうおっしゃいます。
 
「40にして惑わず。昔はこういったもんじゃが、最近では40にして家族まで巻き添えにして、惑いっぱなしのようじゃ。情けない・・・。働く方も情けない。社員の人生を預かる経営者も情けない・・・ 日本人の義理や人情やは、どこにいってしまったんかのぉ? 人徳や礼儀という考え方は、どこに行ったんかのぉ? 誰もが40歳になる。評価が厳しい軍隊にも、功労という考え方はあったんじゃが・・・」
 
人生を90年以上、戦前、戦中、戦後を生き抜いてきた「人生の達人」は、俗っぽく表現すればこういっていたのです。
 
「経営者も人事担当者も・・・社員をいったい何だと思っているのだろうか?」「貢献者をいったい何だと思っているのだろうか?」「人間をいったい何だと思っているのだろうか?」「人生を、いったい何だと思っているのだろうか?」・・・
 
こういう番組がテレビに登場する一方で「人とのふれあい」とか「コミュニティ」とか、「ツーウェイ・コミュニケーション」とか・・・ そういうったことをテーマにしたテレビ番組もあります。
 
そういう本もたくさん世に登場しています。しかし、その一方で実に「非人間的」「非人生的」「非人道的」な「安上がりなコスト・マネジメント」が、このように行われているのです。
 
確かに、「企業は、経営が苦しくなれば 従業員の肩を叩いて合理化をすれば良い」のでしょうが、「人生」というものは「合理化」などできません。
 
人生の大ベテランの「そういうものなのだ」という御意見には全く反論の余地もありません。
 
「経営者が人を採用する」ということは「その社員の人生を採用する」ということ・・・ これが、人生のベテランの言わんとしていたことなのだろうと思います。
 
不景気な時代になると、突然「能力主義」とか「成果主義」とか「実力主義」といった「都合の良いイイワケ」を振り回すのは「卑怯じゃないか!」と感じる「お爺さんの感覚」こそ、日本をここまで成長させてきた熟練の感覚なのだろうと思います。
 
そして、私もこのお爺さんの御意見には、非常に共感する部分が多かったのです。
 
好きなことを主張して良い「ブログ」ですから、今こうして「やいの、やいの」と会社側を攻め立てておりますが・・・ 
 
だからといって40代、50代にもなって、会社の上司の顔色をうかがってばかりいなければならないような「仕事をしようとしない管理職」の肩をもつ気はさらさらありません。
 
このテレビ番組に登場していた「仕事をしない管理職の日常」を見て、人生の大ベテランは、ブツブツと次のような言葉を発していらっしゃいました。
 
「自分を情けないと思わないのか?」
 
「40代、50代の意地というものがあるだろうに・・・」
 
「20代、30代の人間に負けてどうする?」
 
「立派な幅広デスクの上にあるノートパソコンで、インターネットをしながら時間を潰すなよ!」
 
「仕事中に耳かきするな!」
 
「居酒屋に集まって、じめじめグチるんじゃない!」
 
「あぁ〜じれったい!」
 
 
お爺さんの、これらの言葉に 私も、まったくもって共感するばかり・・・ そういう言葉を聞く度に いちいち「プッ!」と笑いが吹き出してしまったのです。
 
 
(つづく)


..

2016.08.03-074
2016.08.02-073
2016.08.01-072
2016.07.20-071
2016.07.03-070
2016.07.02-069
2016.07.01-068
2016.06.30-067
2016.06.29-066
2016.06.28-065
2016.06.27-064
2016.06.24-063
2016.06-22-062
2016.06.21-061
2016.06.20-060
2016.06.17-059
2016.06.16-058
2016.06.15-057
2016.06.14-056
2016.06.12-055
2016.06.11-054
2016.06.10-053
2016.06.08-052
2016.05.15-051
2016.05.03-050
2016.03.26-049
2016.03.26-048
2016.03.25-047
2016.03.24-046
2016.03.22-045
2016.03.21-044
2016.03.20-043
2016.03.19-042
2016.03.18-041
2016.03.15-040
2016.03.14-039
2016.03.13-038
2016.03.11-037
2016.03.10-036
2016.03.09-035
2016.03.08-034
2016.03.07-033
2016.03.05-032
2016.03.01-031
2016.02.29-030
2016.02.27-029
2016.02.25-028
2016.02.23-027
2016.02.21-026
2016.02.18-025
2016.02.17-024
2016.02.16-023
2016.02.15-022
2016.02.12-021
2016.02.10-020
2016.02.08-019
2016.02.06-018
2016.02.05.-017
2016.02.04-016
2016.02.03-015
2016.02.01-014
2016.01.28-013
2016.01.26-012
2016.01.25-011
2016.01.24-010
2016.01.20-009
2016.01.18-008
2016.01.15-007
2016.01.13-006
2016.01.12-005
2016.01.09-004
2016.01.07-003
2016.01.06-002
2016.01.05-001

まず 売れる人を 育てる
それが 成功の秘訣



加納光のblog_マーケティングメモ

加納光のblog_徒然に思うこと

フェースブック



事務局へのお問合せ お申込み

ページの先頭へ